当社では、英国のローハンプトン大学の B. Allegranti 提唱のダンスムーブメントサイコセラピーを取り入れ、日本の教育、医療、福祉の分野へ展開しています。

「精神活動を含める全ての活動は、身体に具現化されるとする。」

ダンスムーブメントサイコセラピーは、姿勢に代表されるように身体にはたらきかけることによって精神へアプローチします。

<目的>
姿勢改善、重心の安定、ボディイメージの改善、空間認知、運動企画、コミュニケーション改善

<内容>
有酸素運動のストレッチ、ゲーム、ダンス、リラクゼーション(呼吸・筋弛緩法)

<対象>
心療内科、大学就職支援課、老人ホーム・デイケア、小学校、一般企業など

dm1

dm2

心理運動療法として文部科学省「発達障害早期支援事業」

インクルーシブ・シアターは、文部科学省の平成26年度「発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期支援事業」の一部を国立大学法人愛知教育大学より再委託されました。研究対象小学校で心理運動療法の体験授業を行いました。
インクルーシブ・シアターでは、英国より心理運動療法として社会のあらゆる場面で活用されている俳優教育のメソッドを取り入れ、日本の教育、医療、福祉の分野へ展開しています。

【心理運動療法】
〇理論的背景
強い固有受容刺激と前庭刺激による鎮静効果・触覚刺激のリラックス効果が、発達障害の児童生徒の高い覚醒レベルを下げ、多動を減少させる。
(J. Ayersの提唱する感覚統合理論・自閉症体験を著述したTemple Grandinの自伝より)

① 姿勢改善(前庭覚=バランス感覚の発達を促進)

② 自己身体感覚・空間認知力の改善(固有受容覚の発達を促進)

③ 有酸素運動(作業や学習への集中力を高める)

④ 非言語的コミュニケーションワーク

導入事例(くじらホスピタル)

top_gallery_2

くじらホスピタルは、心療内科・精神科の入院治療を専門に行うはじめての一般病院です。 当社の創業以来、ダンスムーブメントサイコセラピーをデイケア・入院病棟の患者様向けにご提供しています。
参加者の皆様からは「今日は朝からずっと気分が悪かったけどれど(セッションの後は)体に血が流れている感じがして、とても気分が落ち着きました」などと好評を得ています。

くじらホスピタルのご紹介

くじらホスピタルは精神病院ではありません。
「人格障害」「摂食障害」「うつ」「PTSD」「依存症」などの
入院治療を専門的に行う唯一の一般病院です。
従来の精神病院では、対応がむずかしいとされていた
領域の患者様を受け入れ、患者様の自主性を尊重しながら
治療を行う入院施設です。
一般病院なので、入院にあたっては患者様本人の
「治したい」という意思が必要です。

※一般病院は精神病院と異なり、強制入院には対応できません。
患者様本人の同意に基づいた入院のみ対応しています。

kujirarogo

お問合せ、ご相談はお気軽にどうぞ。050-3772-7784受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問合せ、ご相談はこちらどんなことでもお気軽にご相談ください。